読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ととふぁんど 投資日記と備忘録

2011年100万円から開始。億り人を夢見て、中小型株のスイングを中心に投資しています。

アオハタ(2830)

新高値更新中。

業績好調の要因もしっかりしており、優待株であることもあり、暫くキープ。

売上好調の要因(決算短信

売上につきましては、ジャム類では新しい営業体制のもと特約店等へ直接販売することで売価が変更になったことに加えて、砂糖を使わず果実と果汁で作った「アヲハタ・まるごと果実」シリーズがご好評により大きく伸長したこと、また、新しいシリーズとして洋酒を加えて芳醇な香りとコクが楽しめる「アヲハタアフタヌーン」を発売して、食シーンの提案を行い市場の活性化に努めた結果、大きく増加しました。

調理食品類では、キユーピー・あえるパスタソース」シリーズおよび「キユーピー・ミートソース(缶入り)」のリニューアルを実施しました。また、料理用ソースでは既存の「キユーピー・ドミグラスソース」「同・ホワイトソース」をリニューアルするとともに、新たに「キユーピー・ビストロクイック」シリーズを発売して、ご家庭で本格的な味わいを楽しめるソースの拡充をはかるなど商品を一新したことにより、増加に転じました。

産業用加工品類では、フルーツ・プレパレーションは積極的な受注活動により増加しましたが、フルーツ原料販売が大きく減少したため、全体では減少となりました。
その他のカテゴリーでは、広島名産「かきカレー」などが伸び悩み、減少しました。

以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は119億26百万円(前年同期比19.0%増)となりました。利益につきましては、売上の増加、および全社的なコスト改善活動などにより、営業利益は4億12百万円(前年同期比137.0%増)、経常利益は4億32百万円(前年同期比135.4%増)となりました。四半期純利益は第1四半期に特別利益(キユーピー株式会社の株式売却益)を計上したことにより、4億76百万円(前年同期比289.0%増)となりました

2Q迄の利益はしっかりしており、今期予想の510百万円は楽に超えてきそう。
自己資本比率も高く、稼いだキャッシュの使い道は、株主還元に向かう可能性も高いとみる。
しかし、PER 45倍と既に人気化しており、今期利益が1.5倍の700百万円になったとしても、PER30倍と割高な水準になってきているとも思える。

売りにタイミングを見つつ、堅調に推移する株価を素直に受け入れる。

8月3日現在値 2877円